現在では、家電製品などは処分をするだけでも費用がかかってしまいます。単純に新しい商品を購入して、古い製品を個人的に処分するという事はとても費用がかかってしまうので、家電量販店などでは、古い製品を引き取り新品の購入代金から差し引く「下取り」というシステムを採用しているのです。

 

 

 

車の「下取り」も、新車の購入代金から下取り料金を差し引くというかたちになりますので、下取りをする相手は必ず新車を購入するディーラーとなります。

 

 

 

 

2.車の下取りのメリット

 

 

 

車の下取りのメリットに関して詳しく説明している画像

 

 

 

新しい車を購入したいと思ったら今まで乗っていた車を下取りに出すか?買取業者に買い取ってもらうか?のどちらかを選択しなければいけないと思います。実際に下取りと買取ではそれぞれのメリット、デメリットがあります。

 

 

 

車の下取りのメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

 

 

 

 

2-1.手間がかからない

 

 

 

車の下取りは買取に比べて手間がかかりません。

 

 

 

下取りしてもらった金額を次の車の購入資金にできるところが一番のメリットになります。車の下取りの大きなメリットがこの下取りの最大のメリットと言えます。なぜ大きなメリットになるのか?というと、下取りの資金をそのまま次の車の購入資金に充てることができるので、手続きの手間を省けることができます。

 

 

 

車の購入を考えている場合には、車の買取で手続きを行い、車の購入でも手続きを行う必要がある一方で、車の下取りではディーラーに下取りから購入まで一連の流れでできるので手間ががかからないんです。

 

 

 

下取りから購入まで一連の流れで簡単にできるというのが大きなメリットです!